スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカウント戦争 その1

OpenIDという概念が発表されてから、水面下で戦争が激しくなってまいりました。

それは、さながらケータイのキャリアが顧客を奪い合うような様相を呈しています。
なぜなら、「ITの決済インフラと個人情報を囲い込む」ことにつながるからです。

・yahoo
・Google
・Microsoft
・mixi、楽天
・おそらくniftyやsonet


が代表的なものでしょう。

実際YahooのIDを持っていれば、NHKなどにはじまる動画オンデマンドコンテンツの
決済処理がオンラインで1分もかからずにできてしまいます。
niftyやsonetのIDを持っていれば、ソフトや占い、動画などのサービスが一括決済できます。

niftyやsonetのIDによる決済方法は、企業にとっては加盟店になる感覚です。
ただ異なるのは、
・PCリテラシーの高いユーザー=可処分所得の多いユーザーをすでに囲いこんでいる
・情報比較して納得すれば、即決済してくれる習慣のあるユーザーを囲い込んでいる


すでにコンテンツを持っている企業やネット流通(ネットショップとは違います)を
始めたくて、「決済手段」に迷っている企業にとっては、うまみでしょう。

その市場を狙って、各社囲い込み戦争を行っているのです

つづく・・・・
スポンサーサイト

テーマ : インターネットで勝つ! - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

by spoool seo-suite

携帯電話の空メールでプロモーションできるシステムです。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術評論・デジタル評論へ
プロフィール
最近の記事
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。