スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東中心の日本のマーケ理論

マーケティングというものは、
カタカナ言葉なので
日本のものじゃないな~というのは、
直感的にわかりますよね。


日本のマーケは、

「富山の薬売り」
「近江の三方よし」


に代表されるような現場主義
ヨソモノの目
なじむのかもしれません。

となると、当然ながら
書籍やインターネット、理論は
あくまで、説明や説得のためのツールに
近くなり、最先端の情報発信元と
現場での実践的な手法とは乖離が激しいモノと
なりがちです。


日本のマーケは、やはり東京編重は
やむをえないかと思いますが、
その実践において、その手法をそれ以外の
地域でいつのタイミングであてはまるのか?

というのが、ツールを使う際の
尺度ではないか・・・と


・交通機関
・人の出入り
・手法適用時間
(先端事例が専門雑誌に報告
 されてからの時間・タイムラグ)



例えば、○十年前であれば、
東京で、○○というキャラクター商品が
地元量販店の売り場に並ぶのが○月○日とすると

埼玉の大宮市で3ヶ月後、上尾市でさらに大宮の
3ヶ月後


という流通の流れが、マーケの手法にも当然
あるわけで・・・


なので、提案営業する際あまり先進事例的なもので
企画書を作成するより、

○年前の事例の企画で
実践する方が、実績が上がったりする。


あいつ・・・、今頃あんな提案なの?
なんてのが着実に稼げるってことかな・・・

スポンサーサイト

テーマ : 意見・つぶやき - ジャンル : ビジネス

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

by spoool seo-suite

携帯電話の空メールでプロモーションできるシステムです。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術評論・デジタル評論へ
プロフィール
最近の記事
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。